コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

括る ククル

4件 の用語解説(括るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くく・る【括る】

[動ラ五(四)]
ひもや縄などを掛けて、ばらばらの物を一つにまとめて縛る。束ねる。「古新聞をひもで―・る」
ある物に他の物を縛りつける。ひっくくる。「犯人を木に―・る」
物事にまとまりをつける。締めくくる。「話を―・る」
一つにまとめる。ひとまとまりにする。「数式a+bを括弧で―・る」「アイドルとひと言で―・るのは無理がある」
(「縊る」とも書く)自分で首をつって命を絶つ。縊死(いし)する。「首を―・る」
(「たかをくくる」の形で)程度を予測する。物事を軽くみる。見くびる。「ちょっとした傷とたかを―・る」
(「腹をくくる」の形で)覚悟を決める。決意を固める。「腹を―・って結果を待つ」
くくり染めにする。
「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水―・るとは」〈古今・秋下〉
自由を拘束する。引き留める。
「耳へ入れば夜明けまで―・られる」〈浄・天の網島
[可能]くくれる
[用法]くくる・しばる――「荷物をひもでくくる(しばる)」「犯人をくくる(しばる)」などでは、相通じて用いられる。◇「くくる」は「袖口をくくる」「括弧(かっこ)でくくる」のように、ばらばらな物をまとめる意に重点があり、この場合「しばる」は使わない。◇「しばる」は「傷口をしばる」「校則でしばる」など、動かないようにする、束縛するの意に重点があり、この場合「くくる」は使わない。◇類似の語に「むすぶ」「しめる」がある。ひもなどの端を組み合わせてつなぐのが「むすぶ」で、より強く結ぶのが「しめる」である。

くび・る【括る】

[動ラ五(四)]
ひもなどでくくり締める。
「肩上げに―・られ、尻のあたりが丸くふくれて」〈志賀暗夜行路
(多く「取り括る」の形で)しっかり握る。
「香炉(かうろ)取り―・りて」〈宇治拾遺・二〉
[動ラ下二]くび(括)れる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くくる【括る】

( 動五[四] )
紐などを物の周りに巻いて締める。 「小包みをひもで-・る」 「首を-・る」
紐などで縛って動けないようにする。 「柱に-・る」 「犯人を-・る」
ばらばらになっているものを紐や縄で一まとめに縛る。たばねる。 「古新聞を-・る」 「髪を-・る」
全体をひとつにまとめる。 「収支を-・る」 「引用の部分をかぎ括弧で-・る」
予想する。はかる。現代では多く「たかをくくる」の形で用いる。 → 高を括る
括り染めにする。 「立田川から紅に水-・るとは/古今 秋下
[可能] くくれる
[慣用] 木で鼻を- ・腹を-

くびる【括る】

〔「縊くびる」と同源〕
( 動五[四] )
ひもなどでくくる。 「手早く両脚を-・り/花間鶯 鉄腸
( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

括るの関連キーワード掛け竿縛る吊るす靄る縒りを掛ける掛緒襷掛泊木ひもじ・い山掛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

括るの関連情報