コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住谷天来 すみや てんらい

2件 の用語解説(住谷天来の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住谷天来 すみや-てんらい

1869-1944 明治-昭和時代前期の新聞人,牧師。
明治2年2月16日生まれ。東京にでて内村鑑三らと交遊,「万朝報(よろずちょうほう)」記者となる。のち郷里の群馬県にかえり伊勢崎教会,甘楽(かんら)教会(富岡市)の牧師。「神の国」「聖化」を刊行し,非戦平和主義者として活動。昭和19年1月27日死去。76歳。慶応義塾卒。初名は弥朔。号は黙庵。著作に「孔子及孔子教」,訳書にカーライル英雄崇拝論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

住谷天来

没年:昭和19.1.27(1944)
生年:明治2.2.16(1869.3.28)
牧師,新聞人。群馬県出身。前橋の幽谷義塾で学び,前橋教会でキリスト教に入信。廃娼運動,前橋英学校の創立に参加。明治23(1890)年に上京後,内村鑑三らと親交を結び,日露戦争に対する「非戦論」に共鳴。明治42年ごろ,帰郷して天来と改名(旧名弥朔)。前橋,伊勢崎で牧師として働いたのち,大正7(1918)年から甘楽教会(富岡市)牧師。『上毛教界月報』に寄稿,自らも月刊『神の国』『聖化』を刊行,平和主義のため軍国主義的時代背景のもと,度々発禁となった。柏木義円と並ぶ群馬のキリスト教平和主義者。漢詩をよくし黙庵と号す。<参考文献>『甘楽教会百年史』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住谷天来の関連キーワード前橋幽谷厩橋井上浦造岩崎半之助小淵しち篠原叶深沢利重柳下とみ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone