コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黙庵 もくあん

2件 の用語解説(黙庵の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

もくあん【黙庵】

?~1345) 鎌倉末・南北朝時代の画僧。諱は霊淵。元に渡り、同地で没す。作「四睡図」「布袋図」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黙庵【もくあん】

鎌倉末〜南北朝時代の画僧。諱(いみな)は霊淵。伝記は不詳だが,嘉暦年間に元にいき,天童山,育王山等に遊学したとされる。水墨画にすぐれ牧谿(もっけい)の再来との評があり,月江正印了庵清欲ら元の高僧ののある作品が日本に逆輸入され,江戸時代までは宋元の画家と誤解されていた。
→関連項目可翁禅宗美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

黙庵の関連キーワード日観三房向阿雪村富樫浄賀実円周豪良円(7)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone