コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々城朴安 ささき ぼくあん

1件 の用語解説(佐々城朴安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々城朴安 ささき-ぼくあん

1785-1861 江戸時代後期の医師。
天明5年生まれ。京都で婦人科学をまなぶ。文化11年陸奥(むつ)仙台藩の医員となり,医学館の付属薬園長,婦人科教授となる。天保(てんぽう)4年「救荒略」をあらわし,飢饉(ききん)のときたべられる草木203種を紹介した。文久元年死去。77歳。陸奥桃生郡(宮城県)出身。名は直知。通称は別に朴庵。号は省斎。著作に「救民単方」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々城朴安の関連キーワード炭酸塩岩脈文久三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水福島貞雄ムラヴィヨーフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone