佐々木硝子(読み)ささきがらす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木硝子
ささきがらす

食器用ガラス製造を中心としたガラス会社。 1902年佐々木宗次郎がランプ卸売業創業,翌 03年ハワイなどに輸出を始めた。昭和初期はガラス製品の卸問屋兼メーカーとして輸出も盛んに行なった。 1940年代はレンズ生産も行う。 47年株式会社に改組し現社設立。 57年に導入したコップ類の全自動製造機械により発展し,クリスタルと高付加価値製品も展開していたが,資産運用の失敗から 99年4月,会社更生法適用を申請し事実上倒産した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木硝子の関連情報