佐々木高信(読み)ささき たかのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木高信 ささき-たかのぶ

?-? 鎌倉時代の武将。
佐々木信綱(のぶつな)の次男。近江(おうみ)(滋賀県)高島郡を本拠とした高島佐々木氏の祖。同郡田中郷の地頭。文暦(ぶんりゃく)2年(1235)勢多橋の修理の際に,日吉神社の神職とあらそい,その罪で豊後(ぶんご)(大分県)に流された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android