文暦(読み)ブンリャク

大辞林 第三版の解説

ぶんりゃく【文暦】

年号(1234.11.5~1235.9.19)。天福の後、嘉禎の前。四条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんりゃく【文暦】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1234年から1235年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は天福(てんぷく)。次元号は嘉禎(かてい)。1234年(天福2)11月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐書(とうじょ)』『文選(もんぜん)』を出典とする命名。文暦年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。頼経は第3代将軍の源実朝(さねとも)の死後、北条義時(よしとき)(2代執権)や北条政子(まさこ)(源頼朝正室)らにより擁立された傀儡(かいらい)将軍であり、幕府の実権は北条得宗家にあった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんりゃく【文暦】

鎌倉時代、四条天皇の代の年号。天福二年(一二三四)一一月五日に改元、文暦二年(一二三五)九月一九日に次の嘉禎となる。執権北条泰時の時代。出典は「文選」の顔延之「三月三日曲水詩序」の「皇上以叡文暦」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android