コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文暦 ブンリャク

デジタル大辞泉の解説

ぶんりゃく【文暦】

鎌倉前期、四条天皇の時の年号。1234年11月5日~1235年9月19日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんりゃく【文暦】

年号(1234.11.5~1235.9.19)。天福の後、嘉禎の前。四条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんりゃく【文暦】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1234年から1235年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は天福(てんぷく)。次元号は嘉禎(かてい)。1234年(天福2)11月5日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『唐書(とうじょ)』『文選(もんぜん)』を出典とする命名。文暦年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。頼経は第3代将軍の源実朝(さねとも)の死後、北条義時(よしとき)(2代執権)や北条政子(まさこ)(源頼朝正室)らにより擁立された傀儡(かいらい)将軍であり、幕府の実権は北条得宗家にあった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文暦の関連キーワード藤原親実(2)源定平(1)新勅撰和歌集小倉百人一首覚慶(2)佐々木信綱花山院定雅佐々木高信右京大夫局編目・篇目後堀河天皇災異改元安嘉門院仲恭天皇藤原頼隆無象静照北条政子九条教実田中宗清物部為国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android