佐久山(読み)さくやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「佐久山」の解説

佐久山
さくやま

栃木県大田原市南西部の地区。中世、那須(なす)十氏の一人佐久山氏の築いた佐久山城の城下町、近世は奥州街道の宿駅として、地方中心の役割を果たしてきた。明治以後は鉄道(東北本線)が通らなかったこともあって中心性が失われていった。佐久山城址(じょうし)は御殿山公園となっている。正浄(しょうじょう)寺に伝わる雅楽は県指定無形民俗文化財。トウガラシを特産する。

[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「佐久山」の解説

さくやま【佐久山】

栃木県大田原市の地名。奥州街道の喜連川と大田原の間にあった旧宿駅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android