コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間纉 さくま つづき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間纉 さくま-つづき

1820*-1896 江戸後期-明治時代の数学者。
文政2年12月15日生まれ。渡辺一(かず)に和算を,福田理軒に洋算をまなぶ。陸奥(むつ)三春藩(福島県)教授役となり,維新後は自宅で塾をひらいた。明治29年9月27日死去。78歳。陸奥田村郡(福島県)出身。通称は二郎太郎。号は庸軒。著作に「当用算法」「算法起源集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐久間纉

没年:明治29.9.27(1896)
生年:文政2.12.15(1820.1.30)
幕末明治期の和算家。通称二郎太郎,庸軒と号す。和算を渡辺一に学ぶ。最上流を極め,万延1(1860)年三春藩(福島県)藩士となる。最上流は最上の流派であり,開祖会田安明の出身地最上地方とをかけ名付けられた和算の流派。明治9(1876)年庸軒義塾(あるいは庸軒塾)を開き門弟を育てた。『当用算法』(1853),『算法起源集』全13巻(1877)のほかの『算法道歌術』『和算独学』など多くの著作がある。多能で詩歌,俳句および剣道を善くした。子孫や一族に数学を研究する人物が多く出た。

(道脇義正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐久間纉の関連キーワード橋本啓三郎佐久間庸軒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android