コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間鉄園 さくま てつえん

美術人名辞典の解説

佐久間鉄園

日本画家。北宗派の画家。宮城県生。名は健壽、別号は晩晴園主。父に学ぶ。文展審査員。著書に『支那歴代名画論評』がある。大正10年(1921)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間鉄園 さくま-てつえん

1850-1921 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)3年11月22日生まれ。佐久間晴岳の次男。狩野派下条桂谷(げじょう-けいこく)にまなぶ。明治32年日本美術協会展で「松下牧童図」が3等賞。文展審査員。大正10年4月25日死去。72歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は健寿。字(あざな)は正卿。別号に晩晴閣主人。著作に「支那歴代名画論評」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐久間鉄園の関連キーワード益頭 峻南大正時代嘉永

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android