コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間鉄園 さくま てつえん

美術人名辞典の解説

佐久間鉄園

日本画家。北宗派の画家。宮城県生。名は健壽、別号は晩晴園主。父に学ぶ。文展審査員。著書に『支那歴代名画論評』がある。大正10年(1921)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間鉄園 さくま-てつえん

1850-1921 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)3年11月22日生まれ。佐久間晴岳の次男。狩野派下条桂谷(げじょう-けいこく)にまなぶ。明治32年日本美術協会展で「松下牧童図」が3等賞。文展審査員。大正10年4月25日死去。72歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は健寿。字(あざな)は正卿。別号に晩晴閣主人。著作に「支那歴代名画論評」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐久間鉄園の関連キーワード益頭 峻南大正時代嘉永

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android