佐伯理一郎(読み)さえき りいちろう

  • 佐伯理一郎 さえき-りいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1862-1953 明治-昭和時代の医師,教育者。
文久2年3月5日生まれ。横須賀海軍病院にはいり,アメリカに留学し,明治24年帰国。同志社病院長,京都看病婦学校長となり,看護婦・助産婦教育につくした。昭和28年5月30日死去。91歳。肥後(熊本県)出身。熊本医学校卒。著作に「日本女科史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android