コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐分真 さぶり まこと

2件 の用語解説(佐分真の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐分真 さぶり-まこと

1898-1936 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治31年10月8日生まれ。川端画学校をへて,東京美術学校(現東京芸大)で藤島武二にまなぶ。フランスに2度留学。昭和4年光風会会員。6年「貧しきキャフェーの一隅」が帝展特選。8年「画室」,9年「室内」が連続特選となるが,昭和11年4月23日自殺した。39歳。のち新進洋画家のための佐分賞がもうけられた。愛知県出身。名は「しん」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐分真
さぶりまこと
(1898―1936)

洋画家。明治31年10月8日名古屋市生まれる。川端画学校を経て、1922年(大正11)東京美術学校西洋画科を卒業。1927~30年(昭和2~5)渡仏し、ヨーロッパ各地を旅行、その間に光風会会員となる。31年再渡仏し、翌年帰国するが、同年、帝展出品の『貧しきキャフェーの一隅』が特選となる。重厚な写実的画風で知られ、その後も帝展特選を重ねたが、昭和11年4月23日自殺した。没後、新進洋画家に贈られる佐分賞が設定された。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐分真の関連キーワード敦子女王井伊直方井手訶六大久保光野小泉辰之助杉村鎮夫原錦吾原口徠松村瞭陽咸二

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone