佐瀬主計(読み)さぜ かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬主計 さぜ-かずえ

1766-1839 江戸時代中期-後期の武士,狂歌師。
明和3年生まれ。陸奥(むつ)一関藩(岩手県)藩士。文化6年家老となり藩政改革にあたる。文政2年反対派の攻撃で失脚。隠居後は江戸向島にすみ,鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,四方側(よもがわ)の判者となった。天保(てんぽう)10年7月16日死去。74歳。名は君方,伯連。通称は別に尚一郎,平八郎。号は黄鳥亭声音(うぐいすてい-こわね),方斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android