佐瀬主計(読み)さぜ かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬主計 さぜ-かずえ

1766-1839 江戸時代中期-後期の武士,狂歌師。
明和3年生まれ。陸奥(むつ)一関藩(岩手県)藩士。文化6年家老となり藩政改革にあたる。文政2年反対派の攻撃で失脚。隠居後は江戸向島にすみ,鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,四方側(よもがわ)の判者となった。天保(てんぽう)10年7月16日死去。74歳。名は君方,伯連。通称は別に尚一郎,平八郎。号は黄鳥亭声音(うぐいすてい-こわね),方斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android