コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐瀬主計 さぜ かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐瀬主計 さぜ-かずえ

1766-1839 江戸時代中期-後期の武士,狂歌師。
明和3年生まれ。陸奥(むつ)一関藩(岩手県)藩士。文化6年家老となり藩政改革にあたる。文政2年反対派の攻撃で失脚。隠居後は江戸向島にすみ,鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,四方側(よもがわ)の判者となった。天保(てんぽう)10年7月16日死去。74歳。名は君方,伯連。通称は別に尚一郎,平八郎。号は黄鳥亭声音(うぐいすてい-こわね),方斎など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐瀬主計の関連キーワード浮世草子オブレノビチ家タンジマートショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone