コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一関藩 いちのせきはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一関藩
いちのせきはん

江戸時代,陸奥国磐井郡一関地方 (岩手県) を領有した外様小藩。万治3 (1660) 年仙台藩支藩として伊達政宗の子宗勝が3万石を領し,寛文 11 (71) 年伊達騒動の結果土佐藩御預けとなるまで,および天和2 (82) 年から廃藩置県まで伊達氏一族田村氏が3万石を領した。江戸城柳間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一関藩
いちのせきはん

江戸時代、陸奥(むつ)国一関(岩手県一関市)に居館を構え、西磐井(にしいわい)、東磐井、栗原(くりはら)郡37か村3万石を領有した仙台藩の支藩。領主田村氏は、仙台藩2代伊達忠宗(だてただむね)の三男宗良(むねよし)が旧三春(みはる)領主田村氏の名跡を継いだもので、1660年(万治3)名取郡岩沼(宮城県岩沼市)で3万石を分知され大名格に列せられた。その子建顕(たつあき)のとき、伊達騒動で改易となった伊達宗勝にかわり、1681年(天和1)一関に移封され翌年一関領が成立した。以後、誠顕(のぶあき)、村顕、村隆、村資(むらすけ)、宗顕、邦顕、邦行、通顕(みちあき)、邦栄(くによし)の10代にわたり在封し明治維新に至った。石高は本藩から分知されたもので、政策上でも本藩に準ずることが多かった。建顕のとき、刃傷(にんじょう)の罪に問われた浅野内匠頭(たくみのかみ)を預かった。藩学教成館。廃藩後、一関県、水沢県、磐井県を経て岩手県に編入された。[難波信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一関藩の言及

【田村氏】より

…田村という名字の氏は各地に存在するが,有名なのは中世の陸奥国田村荘(福島県田村郡)の荘司で,近世の仙台藩の支藩一関藩(岩手県一関市)主だった田村氏である。近世の系図は坂上田村麻呂の後裔とするが,鎌倉時代の田村荘司は秀郷流藤原氏,15,16世紀の田村氏は平姓であり,南北朝期に家の断絶,交替があったものか不明。…

※「一関藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一関藩の関連キーワード岩手県一関市台町高平 小五郎原 あさ子佐々木中沢山田 揆一建部清庵田村村資田村村隆工藤平助田村建顕本間百里千葉胤秀大槻玄沢佐瀬主計笠原耨庵涌谷城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android