コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田五郎作 さだ ごろうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐田五郎作 さだ-ごろうさく

1840-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年生まれ。豊前(ぶぜん)佐田村(大分県)の庄屋佐田友貞の子。慶応2年高橋清臣(きよおみ)らと日田代官所襲撃をくわだてるが失敗し,長門(ながと)(山口県)府中藩の報国隊にはいる。4年同志とともに脱退し,豊前四日市代官所をおそったりしたが,同年1月23日脱退への誤解から報国隊員にきられた。29歳。名は友忠。変名に秀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐田五郎作の関連キーワード村上姑南下村御鍬佐田秀尊攘

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android