コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐田五郎作 さだ ごろうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐田五郎作 さだ-ごろうさく

1840-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年生まれ。豊前(ぶぜん)佐田村(大分県)の庄屋佐田友貞の子。慶応2年高橋清臣(きよおみ)らと日田代官所襲撃をくわだてるが失敗し,長門(ながと)(山口県)府中藩の報国隊にはいる。4年同志とともに脱退し,豊前四日市代官所をおそったりしたが,同年1月23日脱退への誤解から報国隊員にきられた。29歳。名は友忠。変名に秀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐田五郎作の関連キーワード村上姑南下村御鍬佐田秀尊攘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android