コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義尭 さたけ よしたか

2件 の用語解説(佐竹義尭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義尭 さたけ-よしたか

1825-1884 幕末-明治時代の大名。
文政8年7月27日生まれ。相馬益胤(ましたね)の3男。佐竹義純(よしずみ)の養子となり,出羽(でわ)久保田新田藩(秋田県)7代藩主をつぎ,安政4年宗家出羽久保田藩主佐竹家12代。戊辰(ぼしん)戦争では藩論を新政府支持にまとめ,奥羽越列藩同盟軍とたたかった。明治4年秋田藩と改称。17年侯爵となるが,同年10月23日死去。60歳。初名は義核(よしさね)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹義尭

没年:明治17.10.23(1884)
生年:文政8.7.27(1825.9.9)
幕末の秋田藩主。号は君岳。父は相馬藩(福島県)中村城主相馬益胤。嘉永2(1849)年秋田支藩主佐竹義純の養嗣子となり,さらに安政4(1857)年同藩宗家義睦の死去後,襲封した。財政窮乏に際し,産銅政策,蚕桑普及,織屋設置,洋式軍制整備など藩政改革に治績をあげた。文久3(1863)年内勅があり,藩内急進派の平田延胤らの働きかけを受けて上京し朝廷に近い立場をとったが,同年8月18日の政変後は幕命により江戸に滞留した。戊辰戦争に際しても対応に苦慮し,一時奥羽越列藩同盟に参加したものの,結局新政府側につき同盟軍と交戦した。維新後久保田藩(秋田県)藩知事を務め,明治17(1884)年侯爵に叙せられた。<参考文献>『戊辰秋田藩戦記』(秋田叢書4巻)

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐竹義尭の関連キーワード佐竹義尭アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧辞典BHC井上馨キンダー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone