相馬益胤(読み)そうま ましたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬益胤 そうま-ましたね

1796-1845 江戸時代後期の大名。
寛政8年1月10日生まれ。相馬祥胤(よしたね)の4男。兄相馬樹胤(むらたね)の隠居により文化10年陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩主相馬家11代となる。倹約励行,新田開発などの藩政改革により天保(てんぽう)の飢饉(ききん)をきりぬけた。文政5年藩校育英館をおこした。弘化(こうか)2年6月11日死去。50歳。名は「ますたね」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android