コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義盛 さたけ よしもり

1件 の用語解説(佐竹義盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義盛 さたけ-よしもり

1365-1407 南北朝-室町時代の武将。
貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年生まれ。佐竹義宣(よしのぶ)の子。父の跡をつぎ,康応元=元中6年常陸(ひたち)守護となる。応永6年鎌倉に多福寺を建立。上杉憲定(のりさだ)の次男義憲(佐竹義人(よしひと))を後嗣とした。応永14年9月21日死去。43歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐竹義盛の関連キーワード南北朝時代兼国(2)五条良量伊達範宗友重(3代)長瀬泰貞波多野通郷益田兼世遊佐国長頼勝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone