コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神室山 カムロサン

3件 の用語解説(神室山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かむろ‐さん【神室山】

秋田県湯沢市と山形県新庄市・最上郡金山町の境にある山。標高1365メートル神室山地の主峰で、「みちのくの小アルプス」といわれる。山麓はブナの原生林。山岳信仰の山として知られる。栗駒国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県(山形県)〕神室山(かむろさん)


秋田・山形県境に位置する神室山地の主峰。標高1365m。花崗(かこう)岩が露出する以外は、全山ブナ林におおわれる。地殻変動に影響され、高度のわりに山腹はきわめて急峻(きゅうしゅん)で、登山家に人気がある。栗駒(くりこま)国定公園に含まれる。「かむろやま」とも読む。

〔秋田県(山形県)〕神室山(かむろやま)


神室山(かむろさん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神室山の言及

【神室山地】より

…主として安山岩,凝灰岩などの第三紀層からなるが,基盤の花コウ岩が露出するところもある。神室山(1365m)と軍沢(いくさざわ)岳(1194m)を結ぶ稜線を中心にして,標高1100~1300m前後の定高性山稜が四方にのびる。東へは国道108号線の通る鬼首(おにこうべ)峠をはさんで虎毛山,須金岳,山猫森などを経て栗駒山(1628m)まで,北へは前神室山,水晶森,黒森などが連なって雄勝(おがち)峠に,南西へは天狗森,小又山,火打岳などの山稜,南東へは大鏑(おおかぶら)山,小鏑山(禿(かむろ)岳),大柴山からスキー場のある花淵山まで,それぞれ急峻な山容を伴う壮年山地の山岳景観が展開する。…

※「神室山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神室山の関連キーワード市房山雄勝峠神室山地途中越丁岳山地三室山八溝山荒川峡新庄[市]冠山〈越美山地〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神室山の関連情報