コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義諶 さたけ よしつま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義諶 さたけ-よしつま

1837-1870 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)8年1月5日生まれ。相馬益胤(ましたね)の4男。兄佐竹義核(よしさね)(義尭(よしたか))の養子となり,安政4年出羽(でわ)久保田新田藩(秋田県)藩主佐竹家8代。戊辰(ぼしん)戦争に際しては慶応4年江戸から出羽椿台(つばきだい)にうつり,新政府軍に属して鶴岡藩とたたかった。明治3年4月16日死去。34歳。名は「よしつむ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐竹義諶の関連キーワード佐竹義理

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android