コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐璃寛 あらしりかん

世界大百科事典 第2版の解説

あらしりかん【嵐璃寛】

歌舞伎俳優。5世まである。(1)初世(1769‐1821∥明和6‐文政4) 初世吉三郎の三男。俳名李冠のち璃寛。前名嵐吉松。1787年(天明7)に2世吉三郎を襲名。没する直前の1821年(文政4)3月に名跡を甥に譲り,初世嵐橘(きつ)三郎と改名。同年5月には初世嵐璃寛を名のり,〈大璃寛〉と通称された。美男役者で口跡もよく,花形ともてはやされた。1817年(文化14)上坂していた江戸の花形3世尾上菊五郎と人気争いから訴訟騒ぎが起きたほど。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

嵐璃寛の関連キーワード市川 権十郎(2代目)嵐 冠十郎(4代目)片岡仁左衛門(8代)嵐 徳三郎(5代目)嵐 璃寛(5代目)嵐 璃寛(4代目)浅尾国五郎(5代)嵐冠十郎(4代)中村歌七(3代)嵐橘三郎(4代)嵐吉三郎(3代)嵐吉三郎(2代)嵐冠十郎(2代)中山来助(5代)嵐徳三郎(3代)嵐徳三郎(2代)桂 文我(初代)嵐和三郎(3代)嵐徳三郎(4代)嵐徳三郎(5代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android