コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹音次郎 さたけ おとじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹音次郎 さたけ-おとじろう

1864-1940 明治-昭和時代前期の社会事業家。
元治(げんじ)元年5月10日生まれ。明治27年神奈川県腰越(こしごえ)村(鎌倉市)に医院を開業し,29年小児保育園を併設。38年医院をやめ,鎌倉小児保育園を設立し保育事業に専念した。昭和15年8月16日死去。77歳。土佐(高知県)出身。済生学舎卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹音次郎

没年:昭和15.8.16(1940)
生年元治1.5.10(1864.6.13)
明治期の教育者で,鎌倉小児保育園創設者。土佐国(高知県)幡多郡下田村に農民の子として生まれ,間引きされるところだったが助かる。明治19(1886)年軍人になろうと上京するが果たせず,小学校校長などをしたのち,同26年医学専門学校済生学舎を卒業。翌年鎌倉腰越に医院開業,同29年医院内に孤児保育園を開設する。同39年鎌倉小児保育園と改称,この間,同35年に鎌倉メソジスト教会で山鹿旗之進から受洗。同38年には医業を廃して保育事業に専念。旅順,ソウル,台北などに支部を設けた。未婚の母なども引き取り,母子一体の保護を行ったことで知られる。『日誌佐竹音次郎』がある。

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐竹音次郎の関連キーワード佐竹 音次郎没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android