コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹音次郎 さたけ おとじろう

2件 の用語解説(佐竹音次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹音次郎 さたけ-おとじろう

1864-1940 明治-昭和時代前期の社会事業家。
元治(げんじ)元年5月10日生まれ。明治27年神奈川県腰越(こしごえ)村(鎌倉市)に医院を開業し,29年小児保育園を併設。38年医院をやめ,鎌倉小児保育園を設立し保育事業に専念した。昭和15年8月16日死去。77歳。土佐(高知県)出身。済生学舎卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹音次郎

没年:昭和15.8.16(1940)
生年:元治1.5.10(1864.6.13)
明治期の教育者で,鎌倉小児保育園創設者。土佐国(高知県)幡多郡下田村に農民の子として生まれ,間引きされるところだったが助かる。明治19(1886)年軍人になろうと上京するが果たせず,小学校校長などをしたのち,同26年医学専門学校済生学舎を卒業。翌年鎌倉腰越に医院開業,同29年医院内に孤児保育園を開設する。同39年鎌倉小児保育園と改称,この間,同35年に鎌倉メソジスト教会山鹿旗之進から受洗。同38年には医業を廃して保育事業に専念。旅順,ソウル,台北などに支部を設けた。未婚の母なども引き取り,母子一体の保護を行ったことで知られる。『日誌佐竹音次郎』がある。

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐竹音次郎の関連キーワード保育保育園赤沢鍾美秋田美子石井筆子伊藤広之助北小路昂国富友次郎畑谷光代古木弘造

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐竹音次郎の関連情報