コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤信治(読み)さとう のぶはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤信治 さとう-のぶはる

1572-1651 江戸時代前期の製鉄技術者。
元亀(げんき)3年生まれ。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)の人。出雲(いずも)(島根県)で点砂製鉄術をまなび,帰郷して慶長11年製鉄をこころみる。のち仙台藩の冶工棟梁となる。以後,子孫は鉄吹方工締(こうじまり)をつとめた。一説支倉常長にしたがってローマにわたった佐藤一族の者が南蛮鉄の製法技術をもたらしたともいわれる。慶安4年9月20日死去。80歳。通称は十郎左衛門,佐渡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android