コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤得二 サトウトクジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤得二 さとう-とくじ

1899-1970 昭和時代の哲学者,小説家。
明治32年1月30日生まれ。京城帝大予科教授,一高教授をへて,文部省にはいり,昭和21年社会教育局長。その間の11年「仏教の日本的展開」を刊行。38年64歳で小説「女のいくさ」が直木賞となり話題をよんだ。昭和45年2月5日死去。71歳。岩手県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐藤得二の言及

【直木賞】より

…井伏鱒二,梅崎春生が直木賞の受賞作家であることなども,そのことを首肯させる。異色としては《仏教の日本的展開》の哲学者で文部省の局長を務めた佐藤得二(1899‐1970)の書いた唯一の小説《女のいくさ》が第49回(1963年上期)直木賞を受賞したこともある。また《日本婦道記》に第17回(1943年上期)の授賞が決定した山本周五郎は受賞を辞退したことがある。…

※「佐藤得二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐藤得二の関連キーワード昭和時代佐藤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android