コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤正 さとう ただし

美術人名辞典の解説

佐藤正

陸軍少将。広島生。西南の役に従軍し、累進して少将となる。日清戦争に出征し、牛荘の戦で脚部に敵弾を受け、退役した。のち東亜同文会幹事長・愛国婦人会事務総長となり、晩年は郷里広島で修道中学校総理を務めた。大正9年(1920)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤正 さとう-ただし

1849-1920 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)2年6月1日生まれ。西南戦争に参加。明治28年日清(にっしん)戦争に歩兵第十八連隊長として出征し負傷して退役。陸軍少将。29年広島市長。のち宮中顧問官,東亜同文会幹事長,愛国婦人会事務総長などをつとめた。大正9年4月27日死去。72歳。安芸(あき)(広島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤正

没年:大正9.4.27(1920)
生年:嘉永2.6.1(1849.7.20)
明治期の陸軍軍人。広島藩士佐藤源右衛門の4男。明治5(1872)年東京鎮台歩兵第9番大隊付,陸軍少尉。9年大尉に進み萩の乱の鎮圧に出動。第24連隊長の際,行軍中に福岡中学の生徒が同連隊に対して投石する事件が起こり,軍旗不敬として同校長,県知事に談判し,謝罪させた。27年日清戦争では連隊長として元山支隊を率い平壌攻撃戦に活躍。訓練の厳しさと統率力で知られ,28年日清戦争で左脚膝部の銃創(1カ月後切断)を負いながら陣頭指揮した。28年少将に進み戦功により功四級金鵄勲章を,29年皇后から義足の恩賜を受けた。<参考文献>佐藤清勝『佐藤正伝』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤正の関連情報