コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤藤右衛門 さとう とうえもん

2件 の用語解説(佐藤藤右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤藤右衛門 さとう-とうえもん

1783-1859 江戸時代後期の農民。
天明3年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)夜須(やす)郡曾根田村,三牟田村の庄屋。苗代への注油によるウンカ類の駆除法を実験的に研究し,弘化(こうか)2年「蝗(こう)除試仕法書」をあらわした。安政6年1月12日死去。77歳。名は久真。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤藤右衛門

没年:安政6.1.12(1859.2.14)
生年:天明3(1783)
幕末の篤農家,ウンカ(浮塵子)類の注油駆除法の実験者。筑前国(福岡県)夜須郡曾根田村生まれ。名は久真。8代目藤右衛門を名乗る。父藤市のあとを継ぎ曾根田村,三牟田村の庄屋を勤め,退役後は甘木村の入庄屋となる。天保13~15(1842~44)年,水苗代に油(菜種油,鯨油)を注いでウンカ類の駆除試験を行い,『蝗除試仕法書』(1845)を著し,近隣地域の指導者層や篤農家に回文した。なお「蝗」はイナムシと訓じ,ウンカを主とする稲の害虫の総称である。本書は近年活字化され,先駆的な実験報告書として高い評価を受けている。また,畏敬する同郷の儒者貝原益軒の『君子訓』全3巻を初めて上木し,諸方に献呈した。<参考文献>小西正泰・安川巌「『蝗除試仕法書』解題」(『日本農書全集』31巻)

(小西正泰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤藤右衛門の関連キーワード浮塵子背白浮塵子注油篤農篤農家鳶色浮塵子王丸彦四郎多田宗太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone