佐賀関[町](読み)さがのせき

百科事典マイペディアの解説

佐賀関[町]【さがのせき】

大分県東部,佐賀関半島の先端部を占める北海部(きたあまべ)郡の旧町。半島先端に近い関港は近世から四国へ渡る要港として栄え,漁港でもある。1915年銅製錬所が建設されてから鉱業町として急に発展,銅,鉛を製錬し,濃硫酸を製造する。タイ,ブリ,アジなどの漁獲がある。西部の神崎(こうざき)に日豊本線が通じる。対岸の愛媛県三崎町(現・伊方町)とはフェリーボートで連絡。2005年1月大分郡野津原町と大分市へ編入。49.37km2。1万3109人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さがのせき【佐賀関[町]】

大分県北海部(きたあまべ)郡の町。人口1万4266(1995)。佐賀関半島の北東部に位置する。瀬戸内海への門戸にあたる豊予海峡に面し,古代から交通の要衝として関が置かれたことから,この地名が生まれた。中心地は半島先端近くの,南北から湾入のある地峡部にあり,近世は風待港として栄え,熊本藩領に属していた。大正初期には久原鉱業(現,日鉱金属)佐賀関製錬所ができ,煙害をさけて丘陵上に設置された大煙突は佐賀関のシンボルとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android