フェリーボート

百科事典マイペディアの解説

フェリーボート

渡船。河川,海峡,内海など比較的狭い水域を定期に運航して,旅客,貨物,車両などを輸送する船の総称。川の手こぎ渡し舟から数千トンの航洋船まで種類が多いが,今日では旅客を主とするもののほか,車両渡船が広く就航している。これには鉄道車両渡船(鉄道連絡船)と自動車渡船(カーフェリー)とがあり,後者は車両甲板を備え,船首,船尾,または船首尾から,可動橋を経て自動車を乗降させるのが普通である。自動車渡船は国内水域のほか英・仏間,ドイツ・スウェーデン間などの国際航路もあり,日本でも20を超える長距離航路が定期運航されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

フェリーボート【ferryboat】

〔渡し舟の意〕
旅客や貨物を自動車ごと運搬する連絡船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリーボート
ふぇりーぼーと
ferry boat

渡船ともいう。河川や港内・湾内などの短い水路の渡船から、内海・沿岸などのやや長い航路を旅客・貨物・車両などを定期的に輸送する船までの総称。渡船は日本でも利根(とね)川や琵琶(びわ)湖などに運航され、アメリカのミシシッピ川、ドイツのライン川など世界の多くの河川や湖沼、海峡や離島などで対岸との交通に用いられている。やや長い航路では下関(しものせき)と韓国の釜山(ふざん/プサン)、スウェーデンとデンマークなどの隣接国間や、北海道―京浜―九州間の沿岸に就航する長距離フェリーなど、利用範囲も広く、また古くから使われている。
 用途や航行水域によって、河川渡船、港内渡船、沿岸フェリー、鉄道連絡船、カーフェリーなどがあり、それぞれの目的に応じた船型、設備、航海性能を備えている。原始的な櫓櫂(ろかい)による小型から、パドルホイール(外車)船、通常のスクリュープロペラ船、水中翼船やホバークラフトなど、種類は多様である。[岩井 聰]

フェリー輸送

日本では、渡船、旅客船、連絡船などが発達していたが、1960年代以後のモータリゼーションのなかでカーフェリーが急増し、フェリーの代名詞となった。日本最初のカーフェリーは1944年(昭和19)鹿児島―桜島間に就航したが、1950年代に瀬戸内海に普及し、さらに1960年代に長距離フェリーが登場し、大型化、豪華船化した。旅客定期航路事業としての旅客フェリーがほとんどであるが、自動車航送貨物定期航路事業としての貨物フェリーもある。トラックがカーフェリーを利用する場合、「動く道路」として人件費や燃料費の節約、混雑回避=輸送時間の短縮などの効果がある。2007年(平成19)の旅客航路事業者は964業者、1659航路、2385隻、136万総トンであるが、そのうちフェリーは158事業者、187航路、366隻、118万総トンである。そのほかに、日本と韓国、中国そしてロシアとの航路に、国内外の会社の外航フェリーが就航している。[篠原陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

フェリー‐ボート

〘名〙 (ferryboat) 旅客や貨物を貨車や自動車ごと運ぶ大型の連絡船。フェリー。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉紐育雑記「そんな黒い、灰色がかった、老人じみた船の中を若やいだ赤塗のフェリーボート〈略〉などが鷹揚にくぐって走って行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフェリーボートの言及

【フェリー】より

…フェリーは乗用車にとっては動く橋であり,また貨物にとっては荷役時間の短縮と陸上輸送ルートの短絡化とにより輸送時間および費用を低減するので,現代では離島航路と長距離の国内定期航路に不可欠なものとなっている。【織田 政夫】
[フェリーボートferry boat]
 旅客を主として運ぶものと,旅客とともに自動車を運ぶものに大別され,後者はいわゆるカーフェリーと呼ばれるものである。旅客のみを運ぶフェリーボートでは,船体の大部分を客室にし,なるべく多くの乗客が乗れるようにしてある。…

※「フェリーボート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android