コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野琴壑 さの きんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野琴壑 さの-きんがく

?-1811 江戸時代中期-後期の儒者。
備中(びっちゅう)(岡山県)岡田藩士。はじめ湯浅常山,のち江戸の林述斎の門にまなぶ。自宅で藩の子弟におしえたが,寛政6年藩校の建設を建議し,翌年敬学館が創設されると初代学頭となった。文化8年1月14日死去。名は元璋。字(あざな)は世瑞。通称は大介。著作に「視聴雑録」「尚古斎雑録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐野琴壑の関連キーワード佐野琴嶺儒者備中

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android