コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何時ぞ イツゾ

2件 の用語解説(何時ぞの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いつ‐ぞ【何時ぞ】

[副]《「ぞ」は係助詞》
過去または未来の、不定の時を表す。
㋐いつであったか。いつか。「何時ぞの年か忘れたが」
㋑そのうちいつか。
「五三の価をためて、―時節を待てども」〈浮・一代男・五〉
(「いつぞは」の形で)早晩。遅かれ早かれ。
「―はこなたへ申さう申さうと存じてござれども」〈虎寛狂・止動方角

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いつぞ【何時ぞ】

( 副 )
〔「ぞ」は係助詞〕
不定の時を表す。過去・未来ともにいうが、現代では主に過去のある時をさす。いつ。いつか。 「 -のことだったかはっきりしないが…」 「五三のあたひをためて、-の時節を待てども/浮世草子・一代男 5

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone