コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余は如何にして基督信徒となりし乎 よはいかにしてきりすとしんととなりしか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

余は如何にして基督信徒となりし乎
よはいかにしてきりすとしんととなりしか

内村鑑三自叙伝"How I became a Christian,out of my Diary"の日本語訳。 1893年初夏熊本で起稿,その秋京都で脱稿。初めアメリカ合衆国で出版の予定であったが実現せず,95年5月警醒社から英文のまま出版された。同年 11月"Diary of a Japanese Convert" (『ある日本人回心者の日記』) として合衆国でも出版されたが売れず絶版となる。 1904年たまたまドイツ語訳が出たことからヨーロッパで大きな反響を呼び,北ヨーロッパ諸語,フランス語などに翻訳された。 11,12歳から 28歳までの約 20年間の自己の信仰生活を綴ったもので,単に個人の心の記録というだけでなく,明治初期の没落士族の儒教教育を受けた青年が,新来の西洋文化に接して,どのように自己を形成していったかという歴史的,文化的記録でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

余は如何にして基督信徒となりし乎
よはいかにしてきりすとしんととなりしか

内村鑑三(うちむらかんぞう)が1895年(明治28)5月警醒(けいせい)社書店より刊行した英文著書『How I Became A Christian』のこと。同年同じ内容の英文著書が、アメリカからも『The Diary of A Japanese Convert』の題で刊行されている。日記をもとにした、アメリカから帰国するまでを扱った自伝である。著者の生前から、すでにドイツ語、スウェーデン語、フィンランド語、デンマーク語、フランス語など各国語に翻訳された。日本語には、鈴木俊郎(としろう)、山本泰次郎・内村美代子、松沢弘陽(ひろあき)、大内三郎、鈴木範久(のりひさ)の諸訳がある。[鈴木範久]
『鈴木俊郎訳『余は如何にして基督信徒となりし乎』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

余は如何にして基督信徒となりし乎の関連キーワード内村 鑑三

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android