コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶版 ゼッパン

大辞林 第三版の解説

ぜっぱん【絶版】

一度発行した書籍の印刷・販売を中止すること。
印刷用の版を廃棄すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

絶版

出版社が,刊行した図書の印刷,販売を止めること,あるいはそのような状態.厳密には印刷原版を廃棄し,以後増刷,再版を行わないことをいうが,在庫がなくなり,増刷の時期が未定の場合を含むこともある.洋書の場合,OPとかOOPという記号で示される.増刷が予定されていて一時的に在庫のない状態は品切れ(out of stock)という.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

絶版の関連キーワード余は如何にして基督信徒となりし乎グーグル書籍検索和解問題柳亭種彦(初代)オンデマンド出版文武二道万石通浦松 佐美太郎長らく・永らく日本列島改造論P+Dブックス事故のてんまつ偐紫田舎源氏算法地方大成三国通覧図説サンソン家絵本太閤記西中国山地日本道徳論唐来参和石田軍記万宝全書

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶版の関連情報