余所見(読み)ヨソミ

  • 余▽所見

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
よそを見ること。わきみ。よそめ。「余所見してはいけません」
見て見ないふりをすること。
「汝が禍を―するに忍びず」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉
余所目(よそめ)1」に同じ。
「怖らしい―には似ぬ親切な一言」〈露伴・いさなとり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① よそを見ること。わき見。横見。よそめ。
※朝光集(995頃)「よそみなく人もろともにふすごとく枕を君にゆづりつるかな」
② よそごととして見ること。見ても問題にしないこと。見て見ないふりをすること。傍観。よそめ。
※浮世草子・好色一代女(1686)五「はじめの程はつれあひも合点にして、人の手にさはり、腰を扣(たた)く程の事は、余所見(ヨソみ)して置しが」
③ 他人が見るところ。はた目。人目。よそめ。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉四二「眼の中赤く唇厚く怖(こは)らしい外見(ヨソミ)には似ぬ親切な一言」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android