コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作者年中行事 さくしゃねんじゅうぎょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さくしゃねんじゅうぎょうじ【作者年中行事】

歌舞伎作者の職掌などを記した書。三升屋二三治(みますやにそうじ)著。1848年(嘉永1)成立。5巻。江戸中期に確立された江戸歌舞伎作者の職掌,制度,慣習,心得などを,著者の経験や見聞のままに正月から月日を追いながら詳細に記している。四之巻後半以後には古今の作者の略伝,作者・役者の逸話,言行が加えられている。古来の江戸歌舞伎作者の式法を同時代または以後の作者に伝えるという意図を持った著作と見られる。他書に見られぬ記事も多く,作者研究上貴重である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

作者年中行事の関連キーワード坂東彦三郎(3代)草双紙物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android