コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作者年中行事(読み)さくしゃねんじゅうぎょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さくしゃねんじゅうぎょうじ【作者年中行事】

歌舞伎作者の職掌などを記した書。三升屋二三治(みますやにそうじ)著。1848年(嘉永1)成立。5巻。江戸中期に確立された江戸歌舞伎作者の職掌,制度,慣習,心得などを,著者の経験や見聞のままに正月から月日を追いながら詳細に記している。四之巻後半以後には古今の作者の略伝,作者・役者の逸話,言行が加えられている。古来の江戸歌舞伎作者の式法を同時代または以後の作者に伝えるという意図を持った著作と見られる。他書に見られぬ記事も多く,作者研究上貴重である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android