コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作話作用 さくわさようfabrication

翻訳|fabrication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作話作用
さくわさよう
fabrication

アンリ・ベルグソンが『道徳と宗教の二つの源泉』 (1932) において展開した概念。想話作用,仮構作用とも訳される。個人的心性に内在する社会的心性が真の意味での知的営為をある種の表象によって妨害し,個人と社会の生存を確保する働きで,閉じた社会に特有のものとされ,しかも迷信神話,小説,戯曲などの架空作話はこの働きの産物であるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android