コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作話作用 さくわさよう fabrication

翻訳|fabrication

1件 の用語解説(作話作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作話作用
さくわさよう
fabrication

アンリ・ベルグソンが『道徳と宗教の二つの源泉』 (1932) において展開した概念。想話作用,仮構作用とも訳される。個人的心性に内在する社会的心性が真の意味での知的営為をある種の表象によって妨害し,個人と社会の生存を確保する働きで,閉じた社会に特有のものとされ,しかも迷信,神話,小説,戯曲などの架空の作話はこの働きの産物であるとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作話作用の関連キーワードベルグソン生き死にの二つの海ベルクソンベンベルグ報徳教共存液ベルグマン岩《道徳と宗教の二源泉》フェルグソン石ベルグソン,M.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone