佞悪(読み)ねいあく

精選版 日本国語大辞典「佞悪」の解説

ねい‐あく【佞悪】

〘名〙 (形動) 口先がうまく悪がしこいこと。よこしまで悪知恵にたけること。また、そのさま。
※葉隠(1716頃)二「ケ様の佞悪の者は、いつの世にも有もの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「佞悪」の解説

ねい‐あく【×佞悪】

[名・形動]心の曲がっていること。また、そのさま。「佞悪な手合い」「佞悪奸智かんち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「佞悪」の解説

【佞悪】ねいあく

邪悪なもの。〔後漢書、爰延伝〕(封事)陛下積善をして日に煕(ひろ)からしめば、佞惡殄(せうてん)し、則ち乾(けんさい)(天の災い)除くべし。

字通「佞」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android