陛下(読み)ヘイカ

大辞林 第三版の解説

へいか【陛下】

〔「陛(階段)」の下の近臣を通して奏上する意〕
天皇・皇后・皇太后・太皇太后の敬称。単独で用いるときは天皇を表すことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陛下
へいか

古く中国で、天子の称として用いられた語。「陛」は階段をいい、陛下は階段の下というのが原義。臣下(家来)は天子に直接奏上することはなく、階段の下にいる護衛の者を通して行ったことから、この語が天子の尊称となった。「殿下」も天子の敬称であるが、これも階段の下というのが原義である。
 日本では、陛下は天皇、太皇太后、皇太后、皇后の敬称とし、殿下は古くは「てんか」とも読み、皇太子以下の皇族、諸王、さらには拡大されて摂政(せっしょう)、関白、将軍の敬称としても用いられた。なお、高位高官の人に対する敬称の閣下も、原義は高殿の下の意で、転じて天子や大臣など高貴な人のそばを意味した。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐か【陛下】

〘名〙 (「陛」は宮殿の階段。階段の下の侍臣を通じて奏上する意から)
① 中国で、もと諸侯の尊称。秦の始皇帝以後、天子の尊称。〔史記‐李斯伝〕
② 天皇・皇后・皇太后・太皇太后の尊称。
※令義解(718)儀制「陛下。〈上表所称〉」
※太平記(14C後)一二「依陛下(ヘイカ)休明徳微臣籌策功矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陛下の言及

【殿下】より

…しかし平安時代に入るとしだいに用途が広がり,《菅家文草》には中宮(皇太夫人班子女王)や尚侍(嵯峨皇女源全姫)に殿下をつけた例が見え,さらに《九暦》に関白藤原忠平を指して殿下と称したのを早い例として,摂政・関白の敬称として多く用いられ,ついにはただ〈殿下〉といえば現任の摂政ないし関白を指すようになり,これに対し前任の摂政・関白を〈大殿〉と称するようにもなった。明治以降は,皇室典範の規定により,皇后をはじめ三后は天皇とともに陛下と敬称し,殿下は三后以外の皇族,すなわち皇太子,皇太孫,親王,王とその妃および内親王,女王の敬称と定められた。【橋本 義彦】。…

【天皇】より

…(6)特例 憲法の保障する基本的人権が天皇にも保障されるかどうか議論が分かれているが,天皇も人間である以上,原則的に人権が保障されるべきであろう。しかし,天皇については,皇室典範によって,陛下という敬称を有するなどの特権が認められている反面,婚姻には皇室会議の議決を要するなどの制限がある。その他,天皇は氏をもたず,18歳が成年であり,戸籍法,住民登録法の適用を受けないほか,皇室の財産授受は制限を受け(憲法8条),皇室費用は予算に計上され国家が負担する(88条)など,一般国民とはいろいろな面で区別されている。…

※「陛下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陛下の関連情報