コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使い番 ツカイバン

デジタル大辞泉の解説

つかい‐ばん〔つかひ‐〕【使い番】

使い走りをする者。
「妾宅の―迄させるんだものなあ」〈木下尚江良人の自白
安土桃山時代、戦時に伝令・巡察などに当たった者。使い役。
江戸幕府職名若年寄の支配に属し、戦時には陣中の伝令巡察など、平時には諸国の巡察や大坂駿府(すんぷ)など要地への出張を任務とした。使い役
江戸時代、将軍家の大奥女中の職名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかいばん【使い番】

使い走りをする者。
安土桃山時代、戦時の伝令や巡視の役についた者。
江戸幕府の職名。若年寄の下にあり、諸国の見回り、各地の目付の役を果たした。
江戸時代、将軍家の大奥の女中の職名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

使い番の関連キーワード安土桃山時代丹野宜政使い走り下げ髱将軍家目付妾宅巡視上使

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使い番の関連情報