コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用済み燃料輸送容器 しようずみねんりょうゆそうようきspent fuel shipping cask

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

使用済み燃料輸送容器
しようずみねんりょうゆそうようき
spent fuel shipping cask

使用済み核燃料を原子力発電所から再処理工場などへ輸送するための密閉・遮蔽容器のこと。通常,加圧水型原子炉燃料集合体を5~12体,沸騰水型原子炉の燃料集合体を 17~32体収納する。容器の本体は直径 1.7~2.5m,長さ 5.5m,重量 70~100t程度である。形状は円筒で,端部にふたがあり,内部に配した支持格子内に燃料集合体を保持する。外表面には燃料からの発熱を除去するためのフィンを有している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

使用済み燃料輸送容器の関連キーワード使用済み核燃料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android