使聘(読み)しへい

精選版 日本国語大辞典「使聘」の解説

し‐へい【使聘】

〘名〙 使いをやって機嫌を伺うこと。使者をつかわして礼物を贈ること。
日本外史(1827)四「諸鄰国皆服於元、独我邦不使」 〔後漢書‐東夷伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「使聘」の解説

し‐へい【使×聘】

使いをやって安否あんぴを問うこと。また、使者を派遣して、贈り物をすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる