コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例名 れいみょう

世界大百科事典 第2版の解説

れいみょう【例名】

平安末期から中世にかけてみられた,所領(荘園,免田)の単位を示す土地制度上の用語。あらたに設定された所領単位ではなく,以前から存在し,公的に認められていた所領単位であるという意味。実例としては,(1)薩摩国新田神社の常見免田,(2)播磨国矢野荘の例名,などが知られるのみで,あまり一般的な用語ではないようである。新田神社の例名(常見免田)は,古くから国衙から認められて神社の用途にあてられてきた免田(名)という意味で用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

例名の関連キーワード小選挙区比例代表並立制自民党の公認調整海老名氏寺田法念惜敗率夫役祐尊明済

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例名の関連情報