コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮僧 きゅうそう

大辞林 第三版の解説

きゅうそう【宮僧】

諸社の神宮寺・別当寺を管理していた僧。宮僧くそう。社僧。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宮僧の言及

【社僧】より

神宮寺に住し仏事を修する僧侶。供僧(ぐそう),宮僧(くそう),神僧ともいう。奈良朝ころより神仏習合思想によって神社に仏寺を建て,これに別当,検校(けんぎよう),勾当(こうとう),専当,執行など多数の職階から成る僧侶を住せしめ,神官は別当を長とする僧侶の支配をうけた。…

※「宮僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮僧の関連キーワード承真法親王尊恵法親王神宮寺尊賢覚源信証神職諸社当寺供僧社僧道守

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android