供祭(読み)グサイ

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐さい【供祭】

神仏に物を供えて祭ること。また、その供物(くもつ)。お供え。
「一つの棚にはやうやうの―をいろいろにすゑて」〈著聞集・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐさい【供祭】

神仏へ供え物をしてまつること。また、その供物。そなえ物。 「 -を色々にすゑて/著聞 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐ‐さい【供祭】

〘名〙 神仏などに供え物をしてまつること。また、その供える物。お供え物。きょうさい。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)二月壬戌「除供祭療患以外、不飲酒
古今著聞集(1254)一一「一の棚にはやうやうの供祭を色色にすゑて」 〔京房易伝‐巽下離上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android