コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウ

デジタル大辞泉の解説

きょう【供】[漢字項目]

[音]キョウ(漢) (呉) グ(慣) [訓]そなえる とも
学習漢字]6年
〈キョウ〉
神仏などにささげそなえる。「供花
差し出して役立てる。「供給供出供託供与供覧提供試供品
事情を述べる。「供述口供自供
(「」の代用字)酒食で人をもてなす。「供応
〈ク・グ〉
1に同じ。「供花(くげ)供御(くご)供米供物供養節供(せっく)仏供(ぶっく)御供(ごくう)
人のおともをする。「供奉(ぐぶ)内供(ないぐ)
〈とも(ども)〉「供侍子供

く【供】[漢字項目]

きょう

とも【供/伴】

《「」と同語源》
人の後ろにつき従って行くこと。また、主人に仕え、つき従う人。従者。「―を引き連れる」→御供(おとも)
(ふつう「トモ」と書く)能の役柄で、ツレのうち、太刀持ち従者などの軽い役をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

供の関連キーワードインスティチューショナルフード供ふ・備ふ・具ふファーストフードブランマンジェサクリファイス食膳にのぼるアマンジン御供・御伴御飯の供遊休農地追善供養人身御供供進使病院食供奉僧一服茶供米田供揃え傘持ち人丸供

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供の関連情報