コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供饗 くぎょう

食器・調理器具がわかる辞典の解説

くぎょう【供饗】

衝重(ついがさ)ねの一種。檜(ひのき)製の白木の折敷(おしき)の下に台を取り付けたもので、その台に穴のないもの。神仏に捧げる供物や食器をのせるのに用いる。◇台の三面に刳形(くりかた)(穴)をあけたものを「三方(さんぼう)」、四面にあけたものを「四方(しほう)」という。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の供饗の言及

【三方】より

…その台部の3方に眼象(げんしよう)(格狭間(こうざま))と称する繰形を透かしたものがすなわち三方であり,4方に透かしたものが四方(しほう)である。また眼象のないものは供饗(くぎよう)という。このうち現在もっとも一般的なのは三方で,主として神事の際の神饌具に供せられてきた。…

※「供饗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

供饗の関連キーワード公卿・供饗・公饗三方(膳の一種)和家具衝重ね折敷食積衝重公卿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android