コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝重ね ツイガサネ

デジタル大辞泉の解説

つい‐がさね【衝重ね】

《「つきがさね」の音変化》供物(くもつ)や食器をのせるのに用いる、ヒノキ製の膳(ぜん)の一種。折敷(おしき)に四角の台をつけたもの。ふつう、白木でつくり、台の三方をあけたものを三方(さんぼう)四方にあけたものを四方、穴のないものを供饗(くぎょう)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついがさね【衝重ね】

白木でつくった四角の折敷おしきに台をつけたもの。食器や供物をのせるために用いる。台の三面に穴をあけたものを三方、四面にあけたものを四方、穴のないものを供饗くぎようという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ついがさね【衝重ね】

神仏に捧げる供物や食器をのせるのに用いる膳(ぜん)の一種で、檜(ひのき)製の白木の折敷(おしき)の下に台を取り付けたもの。◇台の三面刳形(くりかた)(穴)をあけたものを「三方」、四面にあけたものを「四方(しほう)」、刳形のないものを「供饗(くぎょう)」という。「つきがさね」の音が変化したもの。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android