コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依羅娘子 よさみの おとめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依羅娘子 よさみの おとめ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の歌人。
柿本人麻呂(かきのもとの-ひとまろ)の妻とされる。人麻呂が任地の石見(いわみ)(島根県)から都におもむくときの別離の歌1首と,人麻呂の死をいたんだ歌2首が「万葉集」巻2にある。
【格言など】今日(けふ)今日とわが待つ君は石川の貝に交(まじ)りてありといはずやも(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

依羅娘子の関連キーワード人麻呂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

依羅娘子の関連情報