コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

便々館湖鯉鮒 べんべんかん こりふ

1件 の用語解説(便々館湖鯉鮒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

便々館湖鯉鮒 べんべんかん-こりふ

1749-1818 江戸時代中期-後期の狂歌師。
寛延2年生まれ。便々館初代。幕臣。はじめ朱楽菅江(あけら-かんこう)にまなび,のち唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)の門にはいる。山手側の判者として知られ,琵琶(びわ)連をひきいる。文化15年4月5日死去。70歳。姓は大久保。名は正武。通称は平兵衛。別号に福隣(林)堂巨立。編著に「狂歌杓子栗」「春の戯(ざ)れ歌」など。
【格言など】三度たく米さへこはし柔かしおもふままにはならぬ世の中(東京新宿,常円寺の狂歌碑)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

便々館湖鯉鮒の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)寺西封元東洲斎写楽梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone