コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俎板/俎 マナイタ

デジタル大辞泉の解説

まな‐いた【×俎板/×俎】

《「真魚板」の意》包丁で切る際に下に置くや台。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

まないた【俎板/俎/真魚板】

包丁で調理するとき、台にする板。木製のほか、プラスチック製・合成ゴム製などのものもある。◇「真魚(まな)」は食料にする魚で、魚を調理するのに用いる板の意。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

俎板/俎の関連キーワード俎板・俎・真魚板・爼板・爼鈴ヶ森(歌舞伎)幡随院長兵衛斎藤弥九郎備前包丁権八小紫辻 征夫俎板の鯉俎板の魚載せる鈴ヶ森板摺りまな板切り盤板前板紙板元桜鯛板場

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android