コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗語論 ぞくごろんDe vulgari eloquentia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俗語論
ぞくごろん
De vulgari eloquentia

イタリアの詩人ダンテラテン語の論文。 1304~07年の作。全4編から成る予定であったが,第2編 14章で中断。ヨーロッパ諸言語を源流にさかのぼって検討する一方,イタリア諸地域の方言をアペニン山脈の東西2群 14に分類し,文学に最もふさわしい言語を探究しようとしたもの。ダンテによれば,それは光輝ある言語で,同時に宮廷的,法廷的かつ基本的な諸要素を兼ねそなえたものでなければならず,それこそは最も高貴な主題「愛」や「清廉」を表現するのにふさわしいはずの言語であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞくごろん【俗語論】

《原題、〈ラテン〉De vulgari eloquentia》イタリアの詩人、ダンテがラテン語で書いた詩論。未完。1304年頃に執筆したと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

俗語論の関連キーワードリナルド・ダクイノトリッシーノカンツォーネイタリア文学ラティーニシチリア派トリッシノドルチェ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android